和裁掲示板
(現在 過去ログ12 を表示中)

HOME HELP 新着記事 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

[ 最新記事及び返信フォームをトピックトップへ ]

■1680 / inTopicNo.1)  衿先の額縁仕立て
  
□投稿者/ こっとん -(2004/09/29(Wed) 17:54:46)
    他の質問に触発されて(?)ワタクシもひとつ質問させてください。
    ワタクシの習った仕立てでは、普段の衿先の始末は、船底型にゆるいカーブでくけて始末しています。(ぼかし八掛けの場合は衿先の染め分け辺りから)
    もう10年以上前になりますが、初めて高額商品を仕立てた時、衿先を額縁に仕立てました。
    何枚かはそのように仕立てましたが、その後はどのような商品でも船底型の仕立てになりました。額縁にすると普通よりも時間がかかる為、やめたようです。
    師事した先の仕立て方で100万円以上の商品はそのような風だったのですが、他の仕立て屋さんでもそのようなことはあるのでしょうか。

    大きな仕立て屋に所属している時のコトなので、自立してからは頼まれた時にしかするコトはないのですが、衿先の始末についてはいろんな仕立てがあるようで興味があります。
    皆さんはどのようにされていますか??

引用返信 削除キー/
■1682 / inTopicNo.2)  Re[1]: 衿先の額縁仕立て
□投稿者/ あづさ -(2004/09/29(Wed) 20:35:29)
    No1680に返信(こっとんさんの記事)
    こんばんわ
    > 他の質問に触発されて(?)ワタクシもひとつ質問させてください。
    > ワタクシの習った仕立てでは、普段の衿先の始末は、船底型にゆるいカーブでくけて始末しています。(ぼかし八掛けの場合は衿先の染め分け辺りから)
    > もう10年以上前になりますが、初めて高額商品を仕立てた時、衿先を額縁に仕 立てました。
    衿先の額縁はやったことが有りませんし、どの様な形になるのか教えてください。
    私は始めの頃絎けてましたが、衿の中綴じの際縫った方が綺麗に上がるので衿下 の処理の際縫います。


    > 皆さんはどのようにされていますか??

    人の質問に触発される気持ちとっても良く分かりますよ、
    私は数人で(同級生)一つの問屋さんから仕事を頂いています。
    初めての取り掛かり(基礎)は同じなのですが、卒業後色々な修行の場での師匠の
    違いで寄せ集めたときには、凄く新鮮なものを感じました。

    その時衿先の留めをして縫って仕上げると良いと判断して此処10数年になりますが
    又違ったやり方があればお聞きしたいですね。


    >
引用返信 削除キー/
■1686 / inTopicNo.3)  Re[1]: 衿先の額縁仕立て
□投稿者/ hira -(2004/10/01(Fri) 13:10:31)
    No1680に返信(こっとんさんの記事)
    こっとんさん、あずささん、こんにちは。

    私も衿先を額縁に仕立てるというのがわかりません。具体的にどういうふうにするのでしょうか。私は、衿くけの両端は表と裏(衿先布)がちょうど角のところになります。こっとんさんのように、船底型にゆるいカーブにします。

    他は、裏衿を控えが衿先まで同じという仕立ても見たことがあります。
引用返信 削除キー/
■1687 / inTopicNo.4)  Re[2]: 衿先の額縁仕立て
□投稿者/ こっとん -(2004/10/02(Sat) 13:16:53)
    やはり船底型にくけるのが多いのでしょうか。

    > 他は、裏衿を控えが衿先まで同じという仕立ても見たことがあります。
    ワタクシも他の仕立てのお直しなどをした際に、見たことがあります。
    衿先のキセが3分くらいあって、驚いたのを覚えています。

    額縁仕立てですが表裏の衿付けの長さが違うので、衿裏を控える寸法に合わせて衿付けと褄下の長さを変えます。
    ・例えば控える寸法が2分で表の落としからの衿付けと褄下が175・205なら、裏は173・207にします。
     (以下2分で説明)
    ・衿付け止まり表裏の留めは、表の付け止まりの2分上にします。
     (裏は通常通り縫い止まり)
    ・衿幅の折り返す部分と衿先の縫い代が90度になるように幅取りし、衿先の額縁を作ります。
     単着物等の、裾と褄下の三分くけをする前の衽裾額縁と同じようします。
     (この場合2分角の額縁)
    ・作った後の縫い代は切らずに、ごろつきや空くことのないように始末します。
     かなりの縫い代になるので、垂れ物の場合はかなり気を使いますが、何とか収めます。
    ・この段階で左右の衿幅がきっちり揃っているかを再確認します。
    ・衿先と衿くけは2分控えで、褄下は通常通り5厘控え程度で針打ちし、くけます。

    作り方はそれほど面倒ではないですが、額縁を作ると幅ムラになった時に直すのに時間がかかりますし、
    場合によっては色ハケに出すような事にもなりかねません。
    あとは縫い代の始末がとても厄介なのが難点(?)だと思います。

    なお、衿先の留めの位置が表裏で違うので、表の衿先の縫い代は裏の縫い止まりまでの2分は見えます。
    衿の縫い目が見える事はありませんが、衿先に留めが無いので返し針はしっかりした方がよいです。
    今回は簡単に2分で書きましたが、ワタクシは衿裏の控えを1分5厘で仕立てますので、衿先も1分5厘控えになります。

    実物の写真等を添付したいところですが、生憎記録してないのでご容赦ください。
    わかりにくい説明ですみません。(^^;
743×682 => 250×229

1096696080.jpg
/27KB
引用返信 削除キー/
■1688 / inTopicNo.5)  Re[3]: 衿先の額縁仕立て
□投稿者/ あづさ -(2004/10/02(Sat) 16:09:05)
    No1687に返信(こっとんさんの記事)
    > やはり船底型にくけるのが多いのでしょうか。
    >
    >>他は、裏衿を控えが衿先まで同じという仕立ても見たことがあります。
    > ワタクシも他の仕立てのお直しなどをした際に、見たことがあります。
    > 衿先のキセが3分くらいあって、驚いたのを覚えています。
    >
    > 額縁仕立てですが表裏の衿付けの長さが違うので、衿裏を控える寸法に合わせて衿付けと褄下の長さを変えます。
    > ・例えば控える寸法が2分で表の落としからの衿付けと褄下が175・205なら、裏は173・207にします。
    >  (以下2分で説明)
    > ・衿付け止まり表裏の留めは、表の付け止まりの2分上にします。
    >  (裏は通常通り縫い止まり)
    > ・衿幅の折り返す部分と衿先の縫い代が90度になるように幅取りし、衿先の額縁を作ります。
    >  単着物等の、裾と褄下の三分くけをする前の衽裾額縁と同じようします。
    >  (この場合2分角の額縁)
    > ・作った後の縫い代は切らずに、ごろつきや空くことのないように始末します。
    >  かなりの縫い代になるので、垂れ物の場合はかなり気を使いますが、何とか収めます。
    > ・この段階で左右の衿幅がきっちり揃っているかを再確認します。
    > ・衿先と衿くけは2分控えで、褄下は通常通り5厘控え程度で針打ちし、くけます。
    >
    > 作り方はそれほど面倒ではないですが、額縁を作ると幅ムラになった時に直すのに時間がかかりますし、
    > 場合によっては色ハケに出すような事にもなりかねません。
    > あとは縫い代の始末がとても厄介なのが難点(?)だと思います。
    >
    > なお、衿先の留めの位置が表裏で違うので、表の衿先の縫い代は裏の縫い止まりまでの2分は見えます。
    > 衿の縫い目が見える事はありませんが、衿先に留めが無いので返し針はしっかりした方がよいです。
    > 今回は簡単に2分で書きましたが、ワタクシは衿裏の控えを1分5厘で仕立てますので、衿先も1分5厘控えになります。
    >
    > 実物の写真等を添付したいところですが、生憎記録してないのでご容赦ください。
    > わかりにくい説明ですみません。(^^;

    こっとんさん、有難う御座います

    なんとなくわかりました。

    ウル覚えですが何処かで見たことが有るような気がします。

    頭の中で理解したものと、生地によって手に合うかどうかで厄介物にもなりかねないですね
引用返信 削除キー/



トピック内ページ移動 / << 0 >>

このトピックに書きこむ

過去ログには書き込み不可

Mode/  Pass/

HOME HELP 新着記事 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -
- IP Spam Filter -